MDC退社組も自分たちで出資をしているし、受け皿の新会社が設立する前に一億円持ち逃げされて頓挫してしまい、普通だったら相当落ち込むと思うのに対して動揺していない
kaisya_tousan
前回の記事 どうするyajapaはこちら

不思議だが、この会社の影の首謀者がMDCのPCの部長だとみんな知っているので安心しているのかyajapaは心配したが、さすがMDCの部長も一億円は作れんが10名の次の会社はすぐ決めたると言い切ったみたいだ、それに比べて一億円をよく知りも知らない経理に預けた社長は相当落ち込んでいる。
money_ouryou JPEG
一億円持ち逃げ犯もう何十年も経っている話だが結局逃げ切ったね、時効、刑事も民事も、それにしても何処でどうやって潜んでいるのか、確かに一億円は大金だが、そこまで逃げて隠れて潜んで面白くない人生を送ったような気がするがどうだろうか?

TSJもMDCの預かり10名をずっとおいていおかなくて良いのがはっきりしてよかったそれでも管理で2名くらいおいても良いかな。

MDC人員預かり問題が落ちつてもまだまだ問題が、福田さんの特許が朝日新聞の一面に載ってしまったのできちんと調査しないといけない、調べて行くとなんともわからん。

朝日新聞に連絡して確認しても何処からの情報かを公開しないし特許を調べても、福田さん以外でこの特許が出ていないし、正攻法で行ってもいっても進まないので、裏から、この記事を書いた人間に接触、世の中ルートがあればどうにでもなる、この記事を書いた朝日の記者もわかったので直接連絡してみると福田さんの特許の話をすると興味を持って話を聞きたいという、yajapaも願っても無いので、秋葉の福田さん会社で面会決定。

面会してわかったこと、取材をしたのは核燃料事業団で全く新しい原発の監視装置ということでまだ構想の段階で日立と打ち合わせをしているそうだ。ホント図体はでかいくせに、構想の段階で発表するなよ。それでも福田さんが申請した内容と全く同じ図面が出てくるとは同じことを考える人間もいるのでつくづく特許は大事
特許
大手と組んだりしない場合はあまり特許など申請しないで実績を作ったほうが良いが、何しろ大手は証拠を欲しがるので、特許は武器になる。

福田さんと次の進め方の打ち合わせ、こちらは特許を申請しているので焦り必要はない。

核燃料事業団と日立にもっと進めさせて実行近くなったら乗り込むことに、特許も調べないで新事業とはほんと脇が甘いな、朝日の記者もこちらに友好的で進捗状況を教えてくれ事になった。

福田社長と話をしても、もう六本木が楽しくてしょうがないみたいで、随分と遊び友達ができてほんとに毎日行かないと一日が終わらないみたいだ、まあー金があまっているから良いがもっと有効な遊びをしてもらいたいもんだ。規模は違うが今のTSJの社長も夜遊びが大好きで一度くらい六本木に連れて行ってあげたいなんて考えてしまった。

特許問題も片付いて一件おちつているようだが、遂に来月破産倒産かの最初の一歩に踏み出してしまう、ここからが今思うと辛いのよ

 次回、会社が破産,倒産かパート10は遂に来てしまった、想像もできなかった事が起きたこりゃもう立ち直れないか?
ランキングに参加しています、ポチッと押してください。にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
海外ロングステイ ブログランキングへ