全然知らん人からあんたは遺産相続人よなんて連絡がきたらそりゃ普通は詐欺だよね、って考える、そんなうまい話が有るわけがないよ、ところがあったのよ、yajapaってついてる?

又オチもあって貰ったほうが良いか貰わなかったほうが良かったか今でも考えちゃんだが、うーんそれでも貰わなかったほうがyajapaとしてはよかったかなー 皆さんだったらどうする?

親父が亡くなって、自分の過去を知る人間が誰もいなくなったと思ったら怖くなった、普通の人は親兄弟親戚がいるので意識しなくても知っているのだろうがyajapaはほとんど知らない、自分が何モンわからんて恐い、人と繋がりがないのだ。

その理由は、ここ(捨てられた) 親父の方に引き取られたが、やはり邪魔者だったのだろう家庭の中では旨く言い表せないが隔離されていたようなきがする。そりゃ継母にしてみれば話が違うぞと、二人だけの生活のはずが3歳と7歳のコブ付きだったわけだから、

そんなんで両親とも過去や出生の話をyajapaにしてくれなかったのだ、又子供心に聞いてはいけないような気がして聞いたこともなかった。

親父が死んでしばらくボッーっとしてこれからの事なども考えたりしているうちに、yajapaの人生って思ったらご幼少や親戚一同の事ほとんど知らない、考えたら知らないって怖くなったのだ

そして多少付き合いのあるオヤジの兄弟に連絡取って(yajapaは両親ともに関西)聞きに行ったりしたが、よくわからん、そこで母方の方も調べようかなんて思っていた時の手紙だったんだが、まだ調べていなかったので亡くなった人の名前があったがわからん

よかったこの時に関西に行っていなければ父方の伯母さんが、続けざまくなってそれこそ後悔したと思う、会えて話が聞けた。びっくりしたのが成田に帰って電話をしたら一人暮らしで寂しかったのだろう一時間も話していた、それから何回か電話したがその度長電話になる、今思えばもっと電話すれば良かったな
 
最初、遺産の手紙は、今流行の爺婆向け新手のオレオレ詐欺かなと思ってほっといても、気になる、だって遺産相続よ、いい響だよね、全然知らない人なんて思うと、どっかでyajapaに惚れぬいてyajapaに遺産上げる気になったか、知らないうちに大金持ちを助けて遺産相続人になったか、妄想しちゃって確かに楽しめました。

遺産の件はそのままで、自分の過去探しを行うため又大阪に行くことにした、yajapaは兵庫県生まれなのだ、しかしほっぽっている相続の件どうも気なる、欲の皮が突っ張っているわけじゃないが、迷いつつ司法書士に電話したら、yajapaの母ちゃんの姉ちゃんの遺産だと, えーなんでyajapaがもらえるのだろう?

右が叔母ちゃん 左が母ちゃん そして赤ん坊は姉ちゃんかyajapa
母ちゃんとおばさんと姉

そ~言えばyajapaが母ちゃんから捨てられて継母に押し付けられてしばらくしてから、母ちゃんと一回、叔母ちゃんだけで2回ほど会いに来てくれた、その時は誰だかさっぱりわからなくて2回めに会いに来てくれた時にお金を貰って嬉しくてペロッと親父に話しをしてしまってそれから会いに来なくなった記憶が蘇った、後で聞いたら、子供がなかったので欲しかったみたいだなー もし叔母ちゃん貰われてたらどんな人生を歩んだろう?

何故叔母ちゃんの遺産をもらえるかをもう一度司法書士に聞くと、叔母ちゃんはご主人も先になくなっていて一人、そうすると兄弟相続になる、兄弟が生きてる場合は兄弟でOKなのだけど、兄弟が死んでいる場合は、その子供、すなわち母ちゃんの分が子供に(yajapa他2名)になるそうだ、へーそんなん全然知らなかったなー

yajapaは嬉しかった、遺産ではなく、これで多分母方の親戚一同とまたあったこともない妹とも会えると思ったのだ、ところが 思ってもいない展開に

くそー姉ちゃんがとんでもなことを、又前に聞いた母ちゃんが死んだ時の遺産相続のゴタゴタが蘇る(姉ちゃんに聞いた話) 涙が出てくる どうしてこうなっちゃうんだ? 

続きは、遺産相続パート2に

ランキングに参加していますポチッと押してください。 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
ロングステイランキング